(株)大丸松坂屋百貨店では、不動産開発を行う事業部門として、不動産事業部を設立いたしました。
これまで、弊社グループにおいては、J.フロントリテイリング(株)と(株)大丸松坂屋百貨店は大型開発物件を、
(株)大丸コム開発は百貨店周辺における小型物件の開発を行うなど、
遊休資産も含めた自社不動産の活性化と有効活用に取り組んでまいりました。
2017年度には、松坂屋銀座店の跡地を中心に再開発を進めている「銀座六丁目10地区再開発事業」や
松坂屋上野店南館の建替え事業が開業するなど、不動産を活用した事業を拡大させております。
一方で、都心を中心に商業開発の競争環境は厳しくなっており、
今まで以上に、情報力、意思決定に至るスピード、高い専門性などが不可欠となっています。
そこで、これまでJ.フロントリテイリング(株)と(株)大丸松坂屋百貨店、(株)大丸コム開発の三社が
それぞれ行っていた不動産事業を一体化し、経営資源を集中させることにより、
地域における魅力的な商業施設の企画・開発、運営管理を一元的に推進してまいります。
また、組織としての情報ネットワークの構築やノウハウの蓄積、人材の育成を進め、
不動産開発力の抜本的な強化を図りたいと考えております。
今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、何卒お願い申しあげます。

百貨店業界で培ってきたノウハウとネットワークで、商業施設をトータルサポート
商業施設をトータルサポート